Fresh on the blog

「Worth」と「deserve」の使い分け

「値する」と言う意味を持つ「worth」と「deserve」の使い分けを理解していますか?特に「deserve」は日本語ではあまり使わない表現なので、英語流の考え方を知る一つの良い機会になるかもしれません。ブログを読んで違いを理解し、質問があったら是非レッスン中に先生に聞いてみてください。

受講生のG.B.C. 回答例: 会議中、非ネイティブスピーカーがあまり発言しない理由 2

母国語でも母国語以外でも、たくさんの人の目が集まる中での発言は勇気がいりますよね。以前も同様のトピックでイングリッシュファームの受講生が素晴らしい回答をしましたが、別の受講生も見事な回答をしましたので、皆さんも参考にしてみてください。

未来表現の使い分け

未来形の「will」と「going to」を全く同じ意味と受け止め、なんとなくで使い分けていませんか?少し複雑そうですが、実はシンプルなルールですね。
当講師とのレッスンで復習を兼ねて使ってみてください。

「Sorry to」は謝罪では無い!?

日本人の誰もが知っていると言っても過言では無い「Sorry」という英単語ですが、謝罪が必要な状況なのに間違った表現をしている人が実は多いのです。
ブログを読んで理解して、是非ホームワークなどで復習してみてください。