G.B.C.

人を惹きつける心理学を用いた話術

他者の会話やスピーチの内容を、あなたはどこまで思い出せますか?研究結果によると人は与えられた情報の始めと終わりの部分を明確に記憶する傾向にあるようです。この心理テクニックを逆手にとって、ご自身の話術に活かしてみましょう。

受講生の G.B.C. 回答例:増える女性リーダー

女性の社会進出が進み、様々な舞台での女性リーダーの活躍が目覚ましい昨今。リーダーとして何が大事なのかという事についてイングリッシュファームの受講生がテスト問題で素晴らしい回答をしました。皆さんも参考にしてみてください。

ビジネス:オヴァートンの窓/枠をずらして視点を変える

容認が可能な範囲とその範囲外にある相対的概念を「オヴァートンの窓」と言います。窓は常に変動し、昔は問題なかったことが今は問題になったり、そのまた逆もあります。窓から見えない部分は、必ずしも間違っているとは言えないようですね。

聞き手の気持ちになってみよう:上手な間の取り方

母国語ではない英語で話す時、どうしても単語や文法、発音等、自分側から発する事に気が集中してしまうものです。その結果、一つの単語毎に間を取ったり、長い文章を組み立てようとしてだらだら話してしまい、聞き手にとって分かり難い話し方をする事もあります。では、上手に話すためにはどうすれば良いのでしょうか?

受講生の G.B.C. 回答例:日本野球とアメリカ野球の違い

世界には多種多様なスポーツありますが、アメリカでも日本でも野球は特に人気がありますね。イングリッシュファームの受講生がテスト問題で素晴らしい回答をしました。皆さんも参考にしてみてください。

受講生のG.B.C. 回答例: 今後の日本における子育て支援

昨今の日本は、年々子供の数が減っているのに、保育園の数が足りない状況です。子育て支援の取り組みについてイングリッシュファームの受講生がテスト問題で素晴らしい回答をしました。皆さんも参考にしてみてください。

緊張を意図的に和らげる方法

「病は気から」の表現通り、身体と精神状態には強い繋がりがあります。よく「気を強く持てば、病気にはならない」と仰る方もいますが、実は逆もまた然り!身体をリラックスした状態に調整すると、自然と心もリラックスすると言うオリンピック選手等も使っているリラクゼーション方法を紹介します。

自問して文を長くする方法

事細かに説明することは、大変難しいと感じる方は少なくありません。しかし説明不足であるとスピーキングテストで低いスコアになったり、洗練された文章を書くことが困難になります。そうならないためにする簡単な解決策を伝授します。

受講生のG.B.C. 回答例: 会議中、非ネイティブスピーカーがあまり発言しない理由

海外の人々は「日本人はシャイである」と思われていることが多いようですが、それは英語が母国語ではないせいでしょうか。イングリッシュファームの受講生がテスト問題で素晴らしい回答をしました。皆さんも参考にしてみてください。